イベント

過去のイベント

シールドトンネルのプロダクトモデルに関するセミナー

土木学会主催、IAI日本共催による「シールドトンネルのプロダクトモデルに関するセミナー」が開催されます。
本セミナーでは、シールドトンネルのプロダクトモデルIFC-ShieldTunnelが発表されます。

日時 2012年2月7日(火)14:00~17:05
会  場 公益社団法人 土木学会AB会議室
  • 所在地: 東京都新宿区四谷一丁目 外濠公園内
  • アクセス: JR「四谷」駅の四谷口より徒歩3分
           地下鉄南北線「四ツ谷」駅の3番出口より徒歩3分
           地下鉄丸の内線「四ツ谷」駅より徒歩5分
主  催 公益社団法人 土木学会 情報利用技術委員会
共  催 一般社団法人 IAI日本
参加費
無料
定  員 60名(当日会場先着順) ※名刺をお持ちください
プログラム
14:00~14:10開会の挨拶、趣旨説明
  土木学会情報情報利用技術委員長 IAI日本土木分科会リーダー 大阪大学教授 矢吹信喜氏
14:10~15:00(仮称)シールドトンネル技術情報のデータベース化に関する検討
  土木学会トンネル工学委員会 技術小委員会 シールドトンネルデータベース運営部会長
  長岡技術科学大学教授 杉本光隆氏
15:10~16:00シールドトンネルのプロダクトモデルIFC-ShieldTunnelの仕様
  株式会社 コンポート 有賀貴志氏
16:00~17:00IFC-ShieldTunnelの施工管理(特に工程とコスト管理)への適用
  株式会社 大林組 古屋弘氏
17:00~17:05閉会の挨拶
  土木学会情報利用技術委員会 国土基盤モデル小委員長 西松建設株式会社 村井重雄氏

日本建築学会シンポジウム 『BIMで設計、教育は変わるのか?』-BIM とインターネットを活用した設計コンペからみえたこと

BIM とインターネットによる設計コンペ「BLK2011」(Build Live Kobe 2011)には、多数の設計実務チームや学生チームが参加し、3 次元 CAD ソフトや解析ソフト、さまざまなコラボレーションツールなど、BIM とインターネットを活用した設計行為がなされました。
本シンポジウムでは、コンペ参加者様と教育・設計実務に携わる方々とのパネルディスカッションを通して、BIM により設計、教育の何がどの ように変わるのかを討論します。

開催日 2012年2月17日(金)13:30~17:30
会  場 大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
  • 所在地: 大阪市北区中之島4-3-53
主  催 日本建築学会  情報システム技術委員会 設計・生産の情報化小委員会
後  援 一般社団法人 IAI日本
参加費
日本建築学会会員:1,500円  後援団体会員:2,000円  
建築学会会員外:2,500円 学生:500円
※当日、会場受付でお支払ください。
定  員 140名(当日会場先着順)
プログラム
司会:玉井洋氏(鹿島建設株式会社)
主旨説明:猪里孝司氏(設計・生産の情報化小委員会主査/大成建設株式会社)
1.話題提供「BIM による設計コンペ事例」  (15分×7組)
   芝浦工業大学大学院、株式会社ビム・アーキテクツ、前田建設工業株式会社、財団法人建築保全センター、株式会社大林組、大阪市立大学大学院、BIM LABO
2.討論「BIM により設計、教育の何がどう変わるのか」
  パネリスト: 衣袋洋一氏(芝浦工業大学)、遠藤修平氏(神戸大学)、福田知弘氏(大阪大学)、山下純一氏(IAI 日本)、中元三郎氏(安井建築設計事務所)、内田公平氏(鴻池組)
3.まとめ: 能勢浩三氏(株式会社竹中工務店)

Build Live Kobe 2011

Build Liveは、48時間など限られた時間内で、建築プロジェクトの課題に取り組む参加・体験型のイベントです。
このイベントの原点は、米国のKimon Onuma氏が提唱し欧米を中心に2007年から各国で頻繁に開催されている BIM Stormと称するイベントです。 その特徴は、インターネットや3D-CADといった進歩したITの成果を建築プロジェクトに活かすことで従来の常識を超えて行くプロセスを参加者自らが体験できるところにあります。
これまでに開催されたBIM StormやBuild Liveに参加した設計者は新しい手法に取り組み、建築プロジェクトの新たな姿を垣間見ています。
IAI日本は、わが国でもたくさんの建設従事者に体感していただけるよう、Build Live を主催します。
今年は神戸市の後援をいただき、神戸市が所有するポートアイランド「京コンピュータ前駅」近くの研究・文化施設用地が課題敷地になりました。

開催日 【実務クラス】 2011年9月7日(水) 18:00 ~  9日(金)18:00
【学生クラス】 2011年9月7日(水) 18:00 ~ 11日(日)18:00
詳 細 Build Live Kobe 2011 公式ブログサイトをご覧ください。
登 録 【参加者申込締切】 2011年8月31日
【見学者締切】       2011年10月31日

※本セミナーは終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。

IAI日本 2011年度 第1回セミナー  

「各国のBIM事例・BIMガイドラインとBIM活用実態調査レポート から学ぶBIM最新活用事情」を紹介します。
併せて、「世界のBIMガイドライン検証」の報告をします。

開催日 2011年6月9日(木)13:30~16:00(受付13:00~)
会 場 株式会社大塚商会 セミナールーム
主 催 一般社団法人 IAI日本
参加費 無料 ※懇親会のみ有料となっております
定 員 100名
アジェンダ
13:00~13:30 受付
13:30~13:50
挨拶 及び 分科会報告とHP紹介
IAI日本 技術統合委員長 溝口直樹
13:50~14:10
各国のBIM最新事情
アブダビ国際会議報告
IAI日本 技術検討分科会リーダー 足達嘉信
14:10~14:20 休憩
14:20~15:20
設計から施工、維持管理へ、プロジェクト全体に広がるBIM活用
~BIM活用実態調査レポートから見えたBIM最新事情~
建設ITジャーナリスト 家入龍太氏
15:20~15:30 休憩
15:30~16:00
世界のBIMガイドライン検証報告
IAI日本 インプリメンテーション分科会リーダー 山本賢司
17:30~19:30
懇親会(※有料となります)
  • 参加費: 5,000円
  • 会場: トラットリア夷(エビス)
  • 住所: 東京都千代田区三崎町 2-15-12
  • TEL: 03-3261-7841
登 録
    ※本セミナーは終了致しました。多数のご参加ありがとうございました。
セミナー当日写真
  • セミナー会場写真
  • セミナー会場写真
  • セミナー会場写真