イベント

過去のイベント

Build Live Chiba2012 まとめシンポジウム 

「Build Live参加で目指すもの」 -Build Liveに期待したこと、得たもの。Build Liveへの提言-

開催日 2013年3月6日(水)13:30~17:15 (受付13:00~)
会 場 株式会社大塚商会 セミナールーム
主 催 一般社団法人 IAI日本
参加費 無料 
定 員 100名
アジェンダ
13:00~13:30 受付
13:30~13:35 開会挨拶
13:35~15:15
BLC2012参加秘話 ( 各20分 )
・CHAIN DIVER (株式会社大林組 橋本 廉太郎氏)
・スカンクワークス (前田建設工業株式会社 綱川 隆司氏)
・Space Innovation Lab. (セコムIS研究所 井上 雅子氏)
・Cicadas (芝浦工業大学 岩間 貴昭氏)
・IAI日本 (BLC2012の課題説明、経過報告など)
15:15~15:35 休憩
15:35~17:15
パネルディスカッション
「Build Liveに期待したこと、得たもの。Build Liveへの提言」
・コーディネーター : 志茂 るみ子 (IAI日本)
・パネリスト : 松家 克氏(建築家 / ARX建築研究所 代表 / 武蔵野美術大学 理事)
                   衣袋 洋一氏 (芝浦工業大学名誉教授)
                   橋本 廉太郎氏 (株式会社大林組)
                   綱川 隆司氏 (前田建設工業株式会社)
                   井上 雅子氏 (セコムIS研究所)
                   岩間 貴昭氏 (芝浦工業大学)
                   山際 東氏 (株式会社ビム・アーキテクツ)
                   山極 邦之 (IAI日本)
登 録 【申込締切】  2013年3月5日 17:00
      ※本シンポジウムは終了致しました。多数のご参加ありがとうございました。
シンポジウム写真
  • セミナー会場写真
  • セミナー会場写真
  • セミナー会場写真

Build Live Chiba 2012

Build Liveは、48時間など限られた時間内で、建築プロジェクトの課題に取り組む参加・体験型のイベントです。
このイベントの原点は、米国のKimon Onuma氏が提唱し欧米を中心に2007年から各国で頻繁に開催されている BIM Stormと称するイベントです。 その特徴は、インターネットや3D-CADといった進歩したITの成果を建築プロジェクトに活かすことで従来の常識を超えて行くプロセスを参加者自らが体験できるところにあります。
これまでに開催されたBIM StormやBuild Liveに参加した設計者は新しい手法に取り組み、建築プロジェクトの新たな姿を垣間見ています。
IAI日本は、わが国でもたくさんの建設従事者に体感していただけるよう、今年もBuild Live を主催いたします。
今年は東京アクアラインの千葉県側付近を課題敷地とすることとなりました。
首都圏と房総半島をショートカットする独特な地域性を活かすことのできるこの敷地にふさわしい建物を提案し、BIMを活用して設計していただくことが『Build Libe Chiba 2012』の課題となります。

開催日 【実務クラス】 2011年9月26日(水) 18:00 ~  28日(金)18:00
【学生クラス】 2011年9月26日(水) 18:00 ~  30日(日)18:00
詳 細 今後の情報は公式ブログサイトにて順次公開していきます。
   Build Live Chiba 2012 公式ブログサイトをご覧ください。
見学申込  投票権付き見学申込 → 2012年9月26日(金)まで
 見学申込 → 2012年11月25日(金)まで
         
※申込受付は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

Build Live Chiba 2012 勉強会

今回の『Build Live Chiba 2012 』に参加を検討されるチーム様向けに下記要領で『勉強会』を開催いたします。
Build Live に参加するために必要な事前情報・知識を提供する勉強会なので、今回Build Liveに初参加を検討されている方はぜひご来場下さい。
来場を希望される方は、下記参加申込方法でお申込みください。

尚、ご来場いただけない場合でも、後日Build Live Chiba 2012 公式ブログサイト より配信予定のコンテンツにて、勉強会の内容をご確認いただけます。

開催日 2011年8月6日(月) 14:00 ~ 16:30
会場 株式会社大塚商会 本社ビル 200会議室
定員 30名(先着順)
スケジュール 1.開催概要の説明 (15分程度)
2.提供される土地モデルを各CADで活用する方法を説明 (1時間程度)
3.Bulid Liveが求めるIFCの出力方法を各CAD毎に説明 (1時間程度)
4.Facebookの活用について説明 (15分程度)
参加申込方法 下記必要事項をご記入の上、Build Live 事務局 (BuildLive@iai-japan.jp)までメールにてお申込みください。
  • 貴社名
  • 部署名
  • 代表者氏名
  • 代表者ご連絡先
  • 参加人数
参加申込締切 2012年8月2日(木)
※本勉強会は終了致しました。多数のご参加ありがとうございました。
勉強会写真
  • 勉強会写真
  • 勉強会写真

IAI日本 2012年度 第1回セミナー  

日本におけるBIMも運用段階に入り、IFCがどのように活用・検討され、どのように進んでいくのかをご紹介します。

開催日 2012年6月8日(金)13:00~16:10(受付12:30~)
会 場 株式会社大塚商会 セミナールーム
主 催 一般社団法人 IAI日本
参加費 無料 ※懇親会のみ有料となっております
定 員 100名
アジェンダ
12:30~13:00 受付
13:00~13:15
挨拶 及び 分科会報告
IAI日本 技術統合委員長 溝口直樹
13:15~14:00
「Build Live 実務クラスのBIMプロセス分析」
金沢工業大学 下川准教授
14:00~14:30
「公共建築におけるBIMガイドラインの取り組み」
一般財団法人 建築保全センター 寺本専務理事
14:30~14:45 休憩
14:45~15:00
「IAI日本の目指すロードマップ」
IAI日本 代表理事 山下純一
15:00~15:30
「IFC実用化の鍵となるMVDの紹介」
IAI日本 技術検討分科会リーダー 足達嘉信
15:30~16:10
IAI日本 分科会報告
「敷地および周辺土地情報のIFCモデル化検討と提案」
意匠分科会リーダー 青井俊洋
「ST-Bridge構造モデルから意匠モデルへ」
構造分科会リーダー 鹿島孝
17:30~
懇親会 (予定)(※有料となります)
  • 詳細は後日お知らせいたします
登 録 【申込締切】 2012年6月1日
    ※本セミナーは終了致しました。多数のご参加ありがとうございました。
セミナー写真
  • セミナー会場写真
  • セミナー会場写真
  • セミナー会場写真